様々な業界が進出!高齢者の配食サービスを利用するメリットについて紹介

このサイトでは、様々な業界が進出していることで非常に注目されている高齢者の配食サービスを利用するメリットについて詳細に紹介しています。
介護施設だけでなく一人暮らしも増える中で配食は非常に重要視されるものとなっていますが、近年では事情に応じたいろいろな料金プランが設定されているものや、安心して暮らすことができる点に配慮したものなどが登場しているのがポイントです。
このサイトではこれらのサービスを紹介し、詳細に解説しているのが特徴となっています。

様々な業界が進出!高齢者の配食サービスを利用するメリットについて紹介

高齢者向けの配食サービスは高齢化社会を迎え一人暮らしの人が増える中で、非常に重要な意味を持つものとなっています。
単純に食事を提供するというだけではなく、その他にも様々な意味合いを持つものとなっており、安全で安心な社会を形成する上でも重要なものとなっているのが特徴です。
配食サービスのメリットは安心して食事の提供を受けることができるという点にありますが、最近では様々な業界が進出しているためそれだけではない様々な新たなメリットを生み出しているのも実態です。

高齢者の家事の負担を軽減することに役立つ配食サービス

高齢者の介護で日々疲れているのに食事も準備しなければならない、さらに健康な家族とは別に介護食をつくるのは大変手間がかかり、介護をする家族は毎日のメニューに悩むこともあるでしょう。
そういった悩みを減らす事ができる高齢者向けの配食サービスはご存知でしょうか。
介護食は嚥下機能によって複数のレベルがありますが、通常食・刻み食・とろみ食など食事のレベルを選び、自宅まで配送してもらえるのが配食サービスです。
お弁当のように複数のメニューから選べますので味付けなどに飽きてしまう事もありません。
もちろん、持病を持った方に合わせてカロリー制限食やたんぱく質制限食なども対応が可能です。
自宅で介護と家事を両立し、介護食まで作るのは大変な苦労です。
家族の食事と同じメニューでとろみをつけるだけでもひと手間と感じる方もいます。
ご家族の方の家事の負担を軽便するためにも、高齢な方の体に合わせた食事をとるためにも配食サービスは大変価値があります。

高齢者の健康管理に努めた配食サービスの献立について

高齢者は同じ年齢であっても健康状態が異なるため、配食サービスの献立は様々な種類が用意されています。
病気を患っていたり、退院直後などは食事制限が必要となる場合があり、配食サービスではそのような高齢者の健康管理に努めたメニューを用意しています。
カロリーを抑えた食事や、塩分調整食、透析治療中の方に向けた献立も選ぶことが可能です。
また、飲み込む力が弱くなっていたり、硬いものを噛むのが困難な場合、やわらか食やきざみ食といった介護食も選ぶことができます。
きざみ食は食材を細かく刻んで食べやすく整えたメニューで、ハンバーグやクリーム煮などがあります。
やわらか食はポテトサラダや麻婆豆腐など、歯ぐきや舌で食材をつぶせるように工夫しているので、非常に食べやすくなっています。
固形物が食べられない場合、ムース食のようなほとんど噛まずに飲み込めるメニューを選ぶと誤嚥を避けることができます。
反対に、健康状態が良く食事を楽しみたい方のために、ボリュームのある献立も用意されています。

高齢者の遠方の親戚からでも簡単に手続きができる配食サービス

高齢者になると手足をスムーズに動かせなくなるような特徴がありますから、自立して生活するのが難しくなるかもしれないです。
ただ健康的な人であれば必要最低限のことは自分でやることができるので、しっかりと自分だけで生活しているような人も少なくありません。
家事の負担を減らすような工夫をしないと、ストレスなどが蓄積することで寿命が短くなってしまうような可能性もありますから、早めに対処しないといけないです。
本人だけでなく子供や他の親戚などがサポートすることも必要になりますが、配食サービスの手続きを親戚がやってあげるのもいいかもしれません。
基本的に配食サービスは決められた日時に料理を自宅まで運んでくれるようなサービスになりますから、高齢者の健康を維持するために利用すると便利です。
配食サービスは最初に問い合わせをしないといけませんが、本人だけでなく子供や親戚の人が依頼をすることも珍しくないので、安心してサービスを活用していくことができます。

高齢者の食事を持続可能にする配食サービスとは

高齢者の方は食事の用意を一人で行えない、食事制限のある病気を患っているなど、様々な理由で自宅での調理が難しい場合があります。
そのような場合に、栄養バランスが考えられた食事を持続可能にするのが配食サービスです。
塩分が制限された食事に加え、噛む力や飲み込む力が衰えてきている場合にも食べられる介護食も提供しているのが特徴です。
もちろん普通食も選択でき、健康であっても毎日の自炊が大変になってきた場合などに利用できます。
配食サービスは、決められた曜日や時間帯にお弁当を配達してくれ、必要に応じて配達の頻度を選ぶことが可能です。
決まった時間に配達員が来るため、一人暮らしの高齢者の場合、安否確認を行える見守りサービスになるという一面もあります。
様々な会社がサービスを提供しているので、細かなサービス内容は会社によって異なります。
注意点として、配食サービスは介護保険適用外のため、介護保険は使用できません。
そのため、利用料はすべて自己負担となります。

筆者:松枝梨花

筆者プロフィール

鹿児島県枕崎市生まれ。
介護施設で働いていた経験から記事を書いています。
高齢者向けの配食サービス